会計を活用するメリットは?

茨木市の税理士、三松です。


当事務所では、経理をしっかりやって業績管理を毎月行いましょうというスタンスでお客様をサポートさせていただいております。

もっと言うと、会計を経営に活用しましょうということです。


会計というと、「難しいな」、「数字は苦手だな」と思われる社長もおられるかもしれません。

そこで、今回は会計を活用することで、どういったメリットがあるのかということをお話したいと思います。     

会計を活用して資金繰りの不安を解決する!

会計を活用することで、資金繰りの不安を解決することができます。 


経営者にとって、一番の悩みは「資金繰り」ではないでしょうか。

「来月の支払いは大丈夫なのか」とお金の悩みはつきないものです。


この、資金繰りに対する不安を和らげるために活用するのが会計です。

会計を活用することで、将来、お金がいくら入って、いくら出ていくのかといったことが明確にわかるようになります。


お金がいくら必要なのかということが明確になれば、余裕をもって資金繰り対策に取り組むことができます。

今まで、見えていなかったお金の流れが見えるようになることで、先々の漠然として不安は解消できるのではないでしょうか。


会計を活用して、早くお金の流れを見えるようにすることが、資金繰りの不安から解放されるための一つ方法です

会計を活用して赤字の原因や経営課題を明らかにする!

会計を活用することで、赤字の原因や経営課題を明らかにすることができます。

 

儲かっていると思っていたいのに、決算をしてみたら赤字だったといったことはないでしょうか。

経営者の感覚だけのどんぶり勘定で経営していると、こういったことが起こってしまいます。

決算時期になって赤字だと気づいても手遅れです。

やはり、毎月の業績を管理することが安定した経営を行うためには必要です。


もちろん経営者の研ぎ澄まされた感覚というのは経営において重要だと思いますが、それ以上に業績を数字で管理することは重要です。

会計を活用して、毎月の業績を把握し、それを経営者の感覚と合わせることで、実績と感覚のズレを認識できるようになります。

そのズレを修正していけば、おのずと業績が向上していくはずです。


また、会計を活用することで、なぜ赤字になったのか、何が儲からなかったのかを把握できるようになります。

数字から会社の経営課題を発見し、どこを改善すればよいのかといったことを考えることで、会計を経営に活用することができます。


会計を活用して金融機関からの信頼性を高める!

会計を活用することで、金融機関からの信頼性を高めることができます。


金融機関は、企業の経営力や収益力を「決算書」で把握します。

「信頼性の高い決算書」を作成するためには、日々の経理をしっかり行っていくことです。


そして、自社の業績を経営者自ら金融機関に報告し、将来の計画をしっかりと説明できる経営者が信頼されます。

会計を活用して、信頼性の高い決算書を作成することが、まず初めの一歩です。


金融機関からの評価が高くなれば、融資を受けやすくなるというメリットがありますからね。   


まとめ

 会計を活用するメリットを取り上げてみました。

会社を成長させるためには、会計の活用が必要だと思います。

三松会計事務所では、簿記や経理の知識が一切ない方にも、簡単に経理ができて会計が活用できる体制作りをサポートさせていただいております。

ぜひ、会計を経営に活用したいと思われた社長様は、お気軽にご相談ください。