黒字決算に役立つ変動損益計算書の活用方法!

茨木市の税理士、三松です。

月次決算の結果を役立てて、黒字決算を実現するためには「変動損益計算書」で業績を把握する必要があります。

変動損益計算書は、経営者の意思決定に役立つ情報を提供するという点で、通常の損益計算書より優れています。

今回は、この変動損益計算書についてざっくり解説いたします。     


変動損益計算書とは?

変動損益計算書とは、すべての経費を売上にともなって増減するかどうかによって「変動費」「固定費」とに分けて表示した損益計算書のことです。


「変動費」とは、売上の増減によって変わる費用のことで、商品の仕入原価や材料費などが該当します。

一方「固定費」は、売上の増減に関係なく発生する費用で、人件費や地代家賃がこれに該当します。


通常の損益計算書のように法律で作成が義務付けられているものではなく、あくまでも社内の業績管理に有効な様式として活用されているものです。

変動損益計算書は自社で自由に設計できるので、経費について変動費と固定費にしっかり分けて、業績管理に役立つように設計するようにしましょう。


変動損益計算書の特徴

変動損益計算書は売上の増減に伴う利益の増減を即座につかめる点が最大の特徴です。


変動損益計算書では、売上高から変動費を差し引いたものを「限界利益」と言います。

変動費は、売上高の増減にともなって変わるため、売値や仕入れ値が変わらない限り、限界利益率(限界利益÷売上高)は一定になることになります。

つまり限界利益は売上高に比例することになります。


通常の損益計算書では、製造部門の製造原価に人件費などの固定費が含まれてしまうため、売上総利益は売上高に単純に比例しないことになりますので、そこが損益計算書と変動損益計算書の大きな違いと言えます。


では、変動損益計算書の特徴を活かすことで、どういった情報が手に入るのでしょうか?


例えば、売上高が20%増えれば、変動費と限界利益が20%増加することになり、売上高の増減によって限界利益がどれだけ増減するか、すぐにわかるということです。


また、【商品単価-商品1個当たりの変動費】や【商品単価×限界利益率】等の計算で、商品1個当たりの限界利益をすぐにつかむことができます。

商品1個当たりの限界利益がわかることによって、商品を何個販売すれば、その商品によって限界利益をいくら稼げるかといった数量ベースでの試算が簡単にできるようになります。


「あと何個売れば目標利益に到達するな」とか「売上目標は厳しいが、限界利益率を改善することで目標利益を達成しよう」といったことが考えられるということです。


変動損益計算書を活用することで、経営に役立つ情報が手に入り、黒字決算につながるということです。     


損益分岐点を計算してみましょう!

収支がトントンになる点、つまり経常利益がゼロになる点を「損益分岐点」といいます。

損益分岐点は(限界利益=固定費)なる点で、このときの売上高を「損益分岐点売上高」といいます。


損益分岐点売上高は、「黒字」と「赤字」の分岐点となる売上高のボーダーラインということになります。


損益分岐点売上高を越えると限界利益率の分だけ利益が計上されていきますので、一気に利益が蓄積されていくことになります。

それだけ損益分岐点は重要で、経営者として把握しておくことが重要です。


変動損益計算書を活用することで、「損益分岐点売上高」が簡単にわかるようになります。


損益分岐点売上高は、次の算式によって計算することができます。


損益分岐点売上高 = 固定費 ÷ 限界利益率(限界利益÷売上高)


例えば、固定費が600万円、限界利益率が60%の場合は…

損益分岐点売上高 = 600万円 ÷ 60% = 1,000万円 ということになります。

つまり、売上高が1,000万円を下回ると経常利益が赤字になってしまうということです。


こういった数字を知ることで、経営改善を考えることができるのです。


損益分岐点売上高を達成するために営業に力を入れるのか、商品力を高めて限界利益率を高めるのか、ムダな経費を削減して固定費を減らすのか、数字を知ることでいろいろな対策を考えることができます。

そのためには、変動損益計算書で現状の数字を把握することが必要になります。     

変動損益計算書は経営者の成績表です!

変動損益計算書を活用することによって、会社で何が起きているのかを読み取ることが簡単にできるようになります。


変動損益計算書の数字はすべての経営者の意思決定の結果です。

そして経営者の「成績表」とも言えます。

毎月の月次決算で、その成績表を確認することが業績発展につながります。


確認するのは次の点です。


売上高(売った)-変動費(買った)=限界利益(儲かった)です。


この部分(限界利益)は、自社の商品やサービスが顧客や市場に評価された結果が表されます。

まずはここを確認しましょう。


そして次に確認するのが、


限界利益-固定費(使った)=経常利益(残った)・経常赤字(使い過ぎた)です。


この部分は、儲けの範囲に抑えて、しっかりと経費とコントロールできたかどうかが表されます。


しっかり利益が残っていれば、自分で自分を褒めてあげましょう。

そして、さらなる業績アップを考えていきましょう。

逆に利益が残らなかった場合は、しっかり反省して業績改善策を考えていくようにしましょう。     


変動損益計算書の活用は当事務所にお任せください!

ここまでお読みいただいて、変動損益計算書の内容はなんとなくご理解いただけたでしょうか。

それでも「なんだか難しいな」とか「自社に活用できるかな?」と思われている方もおられうかもしれません。


ご安心ください!


当事務所が推奨するTKCシステムを活用することで、変動損益計算書が簡単に作成することができます。

また、毎月の訪問時に社長と一緒に税理士が変動損益計算書の確認をサポートしますので、難しい知識は一切必要ありません。

「売った・買った・儲かった・使った・残った」を一緒に確認することでタイムリーに自社の業績を知ることができるのです。


変動損益計算書を活用した業績管理を行いたい方は、ぜひ下記のお問合せホームからお問合せください。

変動損益計算書を活用して、会社の業績アップに取り組んでいきましょう!


⇒当事務所へのお問い合わせはこちら   


※TKCシステムによる変動損益計算書については下記の動画をご覧ください。